蓄膿症(副鼻腔炎)の原因は虫歯、風邪、鼻の粘膜からの細菌の進入が原因

なた豆茶

蓄膿症(副鼻腔炎)の原因

虫歯から蓄膿症(副鼻腔炎)へ

子供に多いのが虫歯から蓄膿症(副鼻腔炎)になるケースです。

虫歯になり歯根を抜く治療時に細菌が上あごへ移動して蓄膿症(副鼻腔炎)になる場合があります。

風邪から蓄膿症(副鼻腔炎)へ

風邪をひいて、何度も鼻をかんでいると鼻の粘膜が切れてしまいます。

鼻の粘膜が切れますとそこから細菌が感染してしまい、蓄膿症(副鼻腔炎)になってしまいます。

蓄膿症(副鼻腔炎)の初期症状は、鼻づまりですので鼻づまりを軽視せずに治療することが蓄膿症(副鼻腔炎)の予防になります。

中耳炎と蓄膿症(副鼻腔炎)

蓄膿症(副鼻腔炎)になると中耳炎になる可能性が高まります。

鼻と耳は管でつながっているので、その管を通して細菌が鼻から耳に移るためです。

その逆に中耳炎になると、蓄膿症(副鼻腔炎)になる可能性が高まります。

ストレスと蓄膿症(副鼻腔炎)

ストレスと蓄膿症(副鼻腔炎)は何も関係ないように思われるかもしれませんが、ストレスからも蓄膿症(副鼻腔炎)になります。

ストレスが溜まりますと、免疫力が低下してきます。

免疫力が低下してくると通常は予防できる細菌の進入にも負けて炎症を起こすことになります。

免疫力を高めておくことが、蓄膿症(副鼻腔炎)の予防に役立つことになります。

遺伝と蓄膿症(副鼻腔炎)

遺伝が原因で蓄膿症(副鼻腔炎)になりやすい人もいます。

鼻の構造が蓄膿症(副鼻腔炎)になりやすい構造をしている人もいます。

親が蓄膿症(副鼻腔炎)を患っている場合、鼻の構造は親と似ている可能性が高いので、日ごろから意識して気をつける必要があります。

予防をしっかりしておけば防ぐことができます。

なたまめ茶と蓄膿症

蓄膿症の合併症

なたまめ茶と中耳炎

なたまめ茶と歯周病

なたまめ茶と花粉症

なたまめ

なたまめ茶の体験談

管理人