蓄膿症(副鼻腔炎)の治療

なた豆茶

蓄膿症(副鼻腔炎)の治療の種類

保存療法

保存療法は薬物治療と局所療法の2つがあります。

局所療法は膿を吸引・排出するなどの処置がとられます。

局所療法のネブライザー治療は、抗生物質などを霧状にして鼻の穴から噴射する治療です。

薬物治療は抗生物質や抗ヒスタミン剤などを用いて治療していく方法です。

手術療法

昔は蓄膿症(副鼻腔炎)の手術と言えば、かなり大変な手術でしたが現在は、内視鏡下鼻内副鼻腔手術と言い鼻の穴から内視鏡を 入れて行うため、顔に傷を付けません。

手術時間も2~3時間で終ります。

入院日数はは鼻ポリープが有るか無いかで変わります。

鼻ポリープを切除する場合は1週間程の入院が必要ですが、ポリープがない場合の手術ですと、日帰り 手術の場合もあるようです。

昔は1カ月も入院する必要がありましたが、現在は医術の進歩により患者の負担は比較にならないほど軽微になっています。

ただし、その後の通院治療は1年程かかります。

その間は風をひかないように注意が必要です。

鼻ポリープ(鼻茸)は白い形でぶよぶよとしたもので、これがあると空気の通りが悪く, 蓄膿症(副鼻腔炎)を治すには鼻ポリープを切除する必要があります。

なたまめ茶と蓄膿症

蓄膿症の合併症

なたまめ茶と歯周病

なたまめ茶と中耳炎

なたまめ茶と花粉症

なたまめ

なたまめ茶の体験談

管理人