なた豆

なた豆茶

なた豆茶は中国から伝わった

なた豆はマメ科の一年草としては最大級の大きさです。

成長すると丈は5m以上にもなり、莢は50cm~60cmと大きく太くなります。

中の種子も3cm~5cmで、大きな豆のイメージがあるソラ豆が約3mですから、それよりもなた豆の種子は大きくなります。

なた豆の原産地は熱帯アジアです。

お隣の国、中国では昔から薬膳の食材として使われてきたのですが、日本に渡ってきたのは江戸時代の初期で1696年の「農業全書」の中で 「なた豆」として紹介されています。

特に薩摩では栽培が盛んに行われてきました、現在はラテンアメリカ、中華人民共和国からの輸入物が多くなってきています。

莢(さや)の形が刃物の鉈(なた)に似ていることから「なた豆」と表記されて、「とうず」とも「なたまめ」とも呼ばれています。

中国、四国、九州などの温暖な地域で栽培されているなた豆を、農家の人たちは若い莢を柏漬けや味噌漬けなどにして食事に取り入れています。

最近では健康食品、健康茶としても人気が出ていますが、なた豆はアクが強いので生のままでは食べられません。

そのため何度も塩につけたり、水にさらしたりする手間がかかってしまいます。

また豆の薬効作用

なた豆は薬効作用を持ち、代表的な成分は3つあり、そのうち「カナバニン」は排膿作用、抗炎作用があり 長引く辛い病気、歯周病(歯槽膿漏)、蓄膿症(副鼻腔炎)、痔ろうに抜群の効果を発揮します。

二つ目は「コンカナバリンA」という成分で、抗腫瘍作用があり、初期の癌細胞の増加を抑えます。

三つ目は「ウレアーゼ」という成分で、腎機能を活性化させるため、腎臓の衰えからくる高血圧やむくみ、 関節痛などを緩和してくれます。

それ以外にも、アレルギー性鼻炎や花粉症、便秘、吹き出物、ニキビなどに効くという正に驚きのなた豆です。

中国古典文献に見られるなた豆の薬効

中国は明の時代の本草学者、李時珍が編纂した「本草綱目」は、漢方を学ぶ者にとってはバイブル本の 一つに数えられている名著です。

その本の中には、漢方医療に用いられる様々な生薬が収載されており、その薬効や性状、利用法、産地などが 詳細に記述されています。

なた豆は「本草綱目」の中で「腎を益し、元を補う」と記されています。

この腎とは生命エネルギーの源である「気」を蓄えておく臓器を意味します。

「腎」は生命エネルギーの貯蔵庫であり、なた豆は「腎」の機能を高め、病気に負けない免疫抵抗力を もたらす生薬と紹介されています。

また、なた豆の効用は「脾を健やかにし、腎を補い、寒を散らし、腸胃を利す」と 記されています。

この「脾」とは胃腸の消化機能のことで、なた豆には優れた消化作用があり、体に吸収された栄養分を エネルギー源に換えて生命の維持に利用できる素材であるということになります。

免疫力を強化し膿を対外へ排出

なた豆には様々な効能がありますが、その中でも特に有名なのが排膿作用です。

感染症により作り出される膿を、素早く対外へ排出させる働きに優れていることが古くから知られています。

歯槽膿漏、蓄膿症(副鼻腔炎)、痔ろうなどの病気では、絶えずおびただしい量の膿が発生し患者を悩ませる原因になっています。

なた豆に含まれている様々な有効成分が、この膿をたちどころに排出させることから、「膿とりの妙薬」の 別称が与えられてきました。

未熟で脆弱な免疫力を助けたり、老化やストレスで衰えが目立つ免疫抵抗力を強化したりすることで 不快な膿を取り去ってくれます。

なたまめ茶と蓄膿症

蓄膿症の合併症

なたまめ茶と歯周病

なたまめ茶と中耳炎

なたまめ茶と花粉症

なたまめ

なたまめ茶の体験談

管理人