福神漬けにはなた豆が使われている

なた豆茶

福神漬け

なた豆を使った食べ物で一番身近なのが福神漬になります。

カレーライスは日本人が良く食べる料理のトップ3に入る献立です。

福神漬は縁起物の七福神にちなんで名づけられた名前で、7種類の野菜が使われています。

ウリ、レンコン、シソ、カブ、ナス、ダイコン、なた豆の7種類です。

福神漬は明治19年に、東京の上野池之端で代々海産物の加工と販売を営業してきた「酒悦」の 15代・野田清衛門が考案したものです。

カレーライスに福神漬が添えられるようになったのは、明治35年ころです。

なた豆は口に入れて噛んだ時に、程よくシャキシャキした感じがあり、その歯ごたえも 好まれる要因になっているわけです。

成長したなた豆は繊維が増え、硬くなってしまうので、未成熟の莢(さや)をいったん塩漬けして それを再び塩抜きしてから他の野菜と混ぜて漬け込むという方法で作られました。

なたまめ茶と蓄膿症

蓄膿症の合併症

なたまめ茶と歯周病

なたまめ茶と中耳炎

なたまめ茶と花粉症

なたまめ

なたまめ茶の体験談

管理人