なた豆茶の体験談

なた豆茶

蓄膿症(副鼻腔炎)が原因の鼻茸が何度も再発

60歳(女性)

20年前に鼻茸ができたので耳鼻科に行ったら蓄膿が原因と言われ、初めて自分が蓄膿症(副鼻腔炎)と知り手術で鼻茸を取ったそうです。

その時はまだ嗅覚はあったそうです。

10年後にまた鼻茸ができたそうですが、そのころから臭いを全然感じなくなり、鼻も詰まった状態だったそうで2度目の手術を受け、また鼻茸を取ったそうです。

手術後は臭いが分かるようになったそうですが、そのうちまた段々と臭いが分からなくなりついには全く感じなくなったそうです。

鼻茸というのは再発を繰り返すことが多いらしくて、また大きい鼻茸ができていると言われたそうです。

でももう手術は受けたくないので、なんとかならないのかと思っていたそうです。

血止めのために面をパンパンに鼻の奥まで詰めるので、4時間おきに痛み止めを飲まないと耐えられないほどだったそうです。

そして、広告でなた豆茶が蓄膿に良いと知り取り寄せて飲み始めてみたそうです。

2週間位毎日飲み続け、朝起きた時、頭も鼻もすっきりしてきたなと思っていたら、コーヒーの香りを感じることができるようになったのでビックリしたそうです。

なた豆茶を飲み始めていた頃、カゼをひいていたこともあったのか、黄色い鼻水が大量に出てきたそうです。

蓄膿症(副鼻腔炎)の鼻水って黄色くてドロっとした粘着性の強いものが出るものなので、それを見た時は、また鼻が悪くなったのかなと思ったそうです。

カゼが治ったら鼻の通りがよくなり、その後はカゼをひいても黄色い鼻がでなくなったそうです。

カゼをひいていない時は鼻詰まりも全くなくなったそうです。

以前は鼻が詰まると前頭部が重たくなったりしていたそうですが、今はそういうこともなく息苦しさも無くとても楽になったそうです。

この方は美容院を経営している方で、色々なお客さんになた豆茶を紹介しているようですが、沢山感謝されているようでした。

なたまめ茶と蓄膿症

蓄膿症の合併症

なたまめ茶と歯周病

なたまめ茶と中耳炎

なたまめ茶と花粉症

なたまめ

なたまめ茶の体験談

管理人