赤なた豆と白なた豆

なた豆茶

赤なた豆と白なた豆ではどちらが薬効が強い?

なた豆茶に使われているなた豆は、赤なた豆と白なた豆の2種類があります。

太刀なた豆というなた豆は毒が強いので、なた豆茶には使われません。

しかし、赤なた豆にも弱い毒がありますが、赤なた豆はなた豆茶には使われます。

白なた豆もなた豆茶の原料として使われますが、なぜ毒のある赤なた豆も原料として 使うのかと言いますと、その毒になっている成分が薬効がある成分だからです。

なた豆だけにしか含まれていない成分で、コンカナバリンAやカナバリンという成分が あります。

この成分は、薬効成分なのですが、大量に摂取するとめまい、頭痛、吐き気、下痢の 症状を起こします。

白なた豆は赤なた豆に比べて、この成分が少ないので、薬効を求めてなた豆茶を購入 するのであれば、絶対に赤なたまめを原料にしたなた豆茶になります。

なた豆には、シアン化水素を発生するアミグダリンという成分も含まれており、この 成分も毒性を持っています。

個人でなた豆から毒を抜いてなた豆茶を創って飲むことも可能ですが、どうしても 毒性の処理が心配ですから、信用できる工場で作られた物を購入した方が無難です。

なたまめ茶と蓄膿症

蓄膿症の合併症

なたまめ茶と歯周病

なたまめ茶と中耳炎

なたまめ茶と花粉症

なたまめ

なたまめ茶の体験談

管理人