歯周病になたまめ茶

なたまめ茶

なたまめ茶は歯周病の改善に効果を発揮する

歯周病は長寿国日本がかかえる大きな問題です。

私の実の弟と義理の弟の二人が歯周病で、なたまめ茶をすすめていますが、歯周病の患者さんは まず歯周病がどんな病気なのかを知るべきです。

歯周病は歯がぐらついてきた時は既に手遅れの場合がある

さて統計によりますと、20代~30代で約60%、40代~50代で約80%が歯周病にかかっていると言われており、 自覚症状が無いまま進行するため「サイレントキラー」と呼ばれています。

そして歯周病の増加率は10年で10%も上昇しているそうです。

歯周病の恐ろしいところは、自覚が無いままに進行していくところにあります。

症状を自覚した時には、すでに手遅れと言う場合も多いそうです。

歯周病を放置しておくと歯茎が炎症を起こし膿が溜まり悪臭を放ち始め、 さらに進行が進むと歯周病が出す毒素のせいで歯を支えている歯槽骨がボロボロになり、歯を抜くしか 方法がなくなります。

歯周病はバイオフィルムとの闘い

歯周病はギンギバリス菌、プレボテーラ菌などの細菌が引き起こす感染症の一つです。

この歯周病原菌は破傷風菌や食中毒のボツリヌス菌と同じ仲間の細菌で、空気中の酸素を嫌うことから 嫌気性菌と呼ばれていて、 酸素を嫌い酸素が少ない歯と歯茎の間に入り込んでいきます。

歯周病が厄介なのは、歯と歯肉の間に歯周ポケットを作り、その奥深くに住み着いてしまい慢性の炎症を起こし治療が 長期化してしまうことです。

歯周病菌は歯周ポケットの中で、バイオフィルムという膜を張ってしまい、 これが強力なバリアとなり治療薬すら通過できなくなり、歯周病菌を退治することができなくなるから大変です。

歯周病はこのバイオフィルムとの闘いであると言われています。

歯周病は早産を引き起こす

妊婦さんはタバコやアルコールには気をつけるのですが、それ以上に怖いのが歯周病で、 歯周病の妊婦さんは歯周病でない妊婦さんに比べると、早産をする可能性は7倍にもなるそうです。

その原因は歯周病の炎症を抑えようとするサイトカインという物質にあります。

このサイトカインの中の一つにプロスタグランジンという物質がありますが、 子宮を収縮させる働きがあり、強力な陣痛促進剤として薬としても使われているものだそうです。

歯周病と糖尿病はお互いに助長し合う

糖尿病になりますと、唾液の分泌が減り口の中が乾きやすくなりますが、それは歯周病菌が 増えやすい状態になることになります。

また歯周病になりますと白血球中のリンパ球がしきりにサイトカインを作り細菌の活動を 抑えようとしますが、サイトカインはインスリンの働きを 妨げる働きがありますので、ますます血糖値をコントロールできなくなってしまいます。

糖尿病になりますと全身の免疫力が低下しまし、更に血管障害は歯肉にも起きますので 歯周病菌にとっては活性化しやすい状態が作られていくわけです。

歯周病は血管疾患を引き起こす

最近の研究では歯周菌が心臓動脈の血管に入り込んで炎症を起こし、心筋梗塞の原因になったり様々な悪影響を与えることが分かってきました。

以前までは血中のコレステロールが動脈硬化を引き起こすと考えられていましたが、 現在は細菌やウィルスが血管の内壁に炎症を起こし、これが動脈硬化の引き金になることが 分かってきているそうです。

歯周病菌が動脈硬化を起こした血管から発見された事例は多数報告されており、歯肉の血管から 体内に入り込んだ歯周病菌が血管に炎症を起こし動脈硬化を引き起こしていると言うわけです。

この歯周病菌は血管を通り心臓にも達します。

心臓の中の膜に感染しますと、心内膜炎を引き起こしますが、心内膜炎の原因の半分は 歯周病菌と言われています。

健康な人は免疫力により体内に侵入した細菌やウィルスは除去されますが、歯周病菌は付着力 が強くもともと免疫力が低い人や先天性心疾患で心臓の弁に障害のある人、ペースメーカーを付けている人 などは歯周病に気をつけなくてはいけないわけです。

なたまめ茶は免疫力を高め歯周病を改善する

「なたまめ茶」に含まれるカナバニンというアミノ酸は、抗炎症作用があり、さらに 「なたまめ茶」に含まれるコンカナバリンAという成分は免疫力を高めてくれるものです。

歯周病菌に対する最初の戦いは口の中の粘膜や歯肉を覆う上皮細胞による上皮バリアですが、 この上皮バリアが機能しているうちは歯周病にはなりません。

上皮バリアは障壁としてだけでなく、抗菌性ペプチドを作り出し細菌の侵入を防いでいます。

健康な歯茎の人はこの段階で細菌の繁殖を抑えているので、歯茎が腫れあがったりしない わけですが、「なたまめ茶」でうがいをしたりお茶として飲んだりすることで、抗炎症作用と 免疫力の向上により歯周病菌に負けていた上皮バリアが復活してきます。

歯周病菌は誰の口の中にでもいるわけですが、歯周病にならない人も沢山います。

歯周病になるのか、ならないのかは免疫力の違いによるものなのではないのかなと思います。

なたまめ茶と蓄膿症

蓄膿症の合併症

なたまめ茶と歯周病

なたまめ茶と中耳炎

なたまめ茶と花粉症

なたまめ

なたまめ茶の体験談

管理人