中耳炎も、なたまめ茶で治るのでは?

なたまめ茶

中耳炎は鼓膜の奥に膿が溜まる病気

なたまめ茶を飲めば鼓膜の奥の膿の抜けが早くなるのでは?

中耳炎は鼻から菌が入り鼓膜の内側に膿が溜まる病気

中耳炎という病気はプールなどに行って、耳に水が入ったりすると中耳炎になると思っている方が 結構多いのですが、それはないそうです。

小学校の先生でも、そう思っている先生が殆どですけど、外耳から鼓膜を抜けて菌が入ってくる ことはないそうです。

中耳炎の原因は、鼻から菌が入り、その菌が耳管を通り鼓膜の内側まで達して炎症を起こすのが 中耳炎であり、鼻から菌が入ってくるのが原因です。

中耳炎は子供に多い

中耳炎は子供に多いのですが、その原因は大人と子供では耳管の作りに違いがあり、それが 一つの大きな原因になっています。

耳管は鼻と耳をつないでいる管ですが、子供の場合はその耳管が短く、さらに大人と比べて 太くなっています。

また、顔の大きさも大人よりも小さいので、鼻から耳に通じる耳管の長さも大人よりも短くなっています。

これが子供が中耳炎にかかりやすい原因です。

1歳までほとんど皆一度は中耳炎になる

びっくりした内容ですが、赤ちゃんは1歳までにほとんど皆一度は中耳炎になっているそうです。

そして小学校までは風邪をひくたびにしょっちゅう中耳炎にかかっているそうですが、気づかないでいる 場合が多いそうです。

10歳を過ぎたころから、だんだん中耳炎にかかりづらくなって来るそうですので、それまでは 子供は風邪をひいたら中耳炎も併発していると考えた方がよいようです。

中耳炎の症状

中耳炎になると、膿の量が少なければ痛も感じず気づきませんが、膿の量が多くなると痛みを感じる ようになります。

熱や痛みは一晩又は2~3日で引けてしまいますが、何も症状が無くなったから治ったわけではありません。

何の症状も無くなっても膿は鼓膜の奥に残っているそうで、その膿が抜けるには早ければ1ヶ月、長ければ2~3ヶ月かかるそうですから 思ったよりも時間が必要です。

鼓膜の奥に残った膿は、耳管を通り2~3ヶ月かけて鼻に抜け落ちていきます。

この時に鼻の通りが悪いと治りが遅くなりますので、鼻水をつまらせないで鼻の通りを よくしておくことが大切です。

急性中耳炎と滲出性(しんしゅつせい)中耳炎

中耳炎は最初の段階を急性中耳炎と言い、その後痛みや自覚症状が無くなり膿が抜けていく 段階の頃を滲出性(しんしゅつせい)中耳炎と言います。

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎は治っていく途中の段階と言うことになります。

中耳炎は時として強烈な耳の痛みに襲われることがあります。

耳の中で雷がなっているような感じがして、痛みがひどいですが、その場合は夜でも救急病院に 行って下さい。

鼓膜の奥に溜まった膿は最初はサラサラしたものなのですが、時間の経過と共にドロドロした ものにかわり、抜けづらくなってくる場合があります。

3ヶ月絶っても鼓膜の奥の膿が抜けない場合は、処置が必要になります。

膿が抜けない場合は、「難聴」という症状が出ます。

この場合はチューブを入れて膿を抜くか、鼓膜切開で膿を抜きます。

できたらどちらも避けたい治療法です。

中耳炎の生活で気をつけること

中耳炎になったからと言って、お風呂に入れないとか、プールに入れないということは ありません。

耳に水が入ったから悪化するとか、治りが悪くなるとかもありません。

一番気をつけてもらいたいのが、風邪をひいたり、様々なことから来る免疫力の低下です。

中耳炎は完治するまでに時間がかかる病気ですので、その間は体の抵抗力を高めて免疫力を 高めておいてください。

なたまめ茶は中耳炎にも効く?

私はなたまめ茶で蓄膿症が治った人間ですが、原理的には中耳炎にも効果があると思います。

耳は鼻と通じていますし、中耳炎が治るには耳に溜まった膿が鼻から抜けていくのを待つだけ ですので、なたまめ茶を飲めば免疫力も高まり、膿が抜けるのを手助けしてくれるのではないかな と思っています。

なたまめ茶と蓄膿症

蓄膿症の合併症

なたまめ茶と歯周病

なたまめ茶と中耳炎

なたまめ茶と花粉症

なたまめ

なたまめ茶の体験談
(長文を短く要約しました)

管理人