蓄膿症・副鼻腔炎・なたまめ茶

子供の蓄膿症(副鼻腔炎)について

投稿日:2018年9月8日 更新日:

子供の蓄膿症(副鼻腔炎)

昔の子供は、みんな青ぱなを垂らしていたものです。私も小学校1年生の頃はそうでした、鼻水を袖になすりつけていたころを思い出します。

今考えますと、あれは完全に副鼻腔炎です。でも、皆そうでしたので気にもしていませんでした。

今は、どんなにお金が無くてもそんな子はいません。頬っぺたが赤い子もいませんし、霜焼けになる子もいません。

さて、子供の蓄膿症(副鼻腔炎)は放っておくとどうなるのでしょうか。調べてみました。

フィンランドの研究結果で、風邪をひいた子供の60%は副鼻腔炎になるそうですが、2週間後には何もしなくても治っていたそうです。人間の自然治癒力(免疫力)によるものですね。

しかし、この急性副鼻腔炎から慢性副鼻腔炎に移行していくのも事実の様です。子供の風邪だから心配しなくてもそのうちに鼻水は止まると軽視し過ぎるのも問題かと思います。

調べてみると子供の副鼻腔炎は大人のそれとはちょっと様子が異なり、成長過程で副鼻腔の成長、アデノイドの成長、扁桃などの慢性炎症の影響を受けやすいそうです。自然に治っていく場合もあれば、そのまま大人の慢性副鼻腔炎になってしまうこともあるので早い段階で移行を防ぐ必要があるそうです。

子供の副鼻腔炎は学習にも影響を及ぼし、頭痛、注意力の低下や記憶力の低下、疲れやすいと言った症状をもたらすそうなので、やはり放置せずに治してあげるべきだと思います。その他の症状としては、鼻づまり、いびき、口呼吸、鼻声、鼻汁といった副鼻腔炎特有の症状が長く続きます。

なたまめ茶



なたまめ茶を飲んで2ヶ月位で蓄膿症(副鼻腔炎)が治った

-蓄膿症・副鼻腔炎・なたまめ茶
-

執筆者:

関連記事

漢方バイブル本「本草綱目」でナタ豆は「腎を益し、元を補う」

目次 なた豆茶は中国から伝わった中国古典文献に見られるなた豆の薬効 なた豆茶は中国から伝わった なた豆はマメ科の一年草としては最大級の大きさです。成長すると丈は5m以上にもなり、莢は50cm~60cm …

蓄膿症(副鼻腔炎)の原因(子供が蓄膿症になったら)

目次 蓄膿症(副鼻腔炎)の原因虫歯から蓄膿症(副鼻腔炎)へ風邪から蓄膿症(副鼻腔炎)へアレルギー性鼻炎から蓄膿症中耳炎と蓄膿症(副鼻腔炎)ストレスと蓄膿症(副鼻腔炎)遺伝と蓄膿症(副鼻腔炎) 蓄膿症( …

副鼻腔炎には急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎がある

目次 副鼻腔炎の種類急性副鼻腔炎慢性副鼻腔炎好酸球性副鼻腔炎アデノイド肥大は子供特融の病気 副鼻腔炎の種類 急性副鼻腔炎 特別な病気になたような病名ですが、これは鼻風邪そのもので鼻がでること事態が副鼻 …

これが蓄膿症(副鼻腔炎)の膿だ![グロ閲覧注意]

下の動画をご覧になる方は、ショックを受けそうなのですが、これが蓄膿症(副鼻腔炎)の膿なのです。 鼻をかんだ時に、膿の塊が付いてきますが、その膿の塊になる前はドロっとしたもので、副鼻腔という場所に溜まっ …

なたまめ茶の成分

目次 なた豆の成分についてカナバニンコンカナバリンAウレアーゼの効能なた豆のミネラル成分 なた豆の成分について カナバニン ナタマメにはカナバニンという成分が含まれており、これはアミノ酸の一種ですが、 …