蓄膿症・副鼻腔炎・なたまめ茶

病院での蓄膿症(副鼻腔炎)の治療(保存療法と手術療法)

投稿日:2018年9月3日 更新日:

蓄膿症(副鼻腔炎)の治療の種類

保存療法

保存療法は薬物治療と局所療法の2つがあります。局所療法は膿を吸引・排出するなどの処置がとられます。局所療法のネブライザー治療は、抗生物質などを霧状にして鼻の穴から噴射する治療です。

薬物治療は抗生物質や抗ヒスタミン剤などを用いて治療していく方法です。

手術療法

昔は蓄膿症(副鼻腔炎)の手術と言えば、かなり大変な手術でしたが現在は、内視鏡下鼻内副鼻腔手術と言い鼻の穴から内視鏡を 入れて行うため、顔に傷を付けません。

手術時間も2~3時間で終ります。入院日数はは鼻ポリープが有るか無いかで変わります。

鼻ポリープ(鼻茸)は白い形でぶよぶよとしたもので、これがあると空気の通りが悪く, 蓄膿症(副鼻腔炎)を治すには鼻ポリープを切除する必要があります。

昔は1カ月も入院する必要がありましたが、現在は医術の進歩により患者の負担は比較にならないほど軽微になっています。ただ内視鏡下副鼻腔手術は簡単な手術という訳ではなく、医師にも従来型の手術以上に豊富な経験が必要になるようです。

入院日数はおよそ3日程度のようですが、日帰り手術の場合もあるようです。ただ鼻ポリープを切除する場合は1週間程の入院が必要です。

術後1ヶ月は週に1度、次の1ヶ月は2週に1度、次の3ヶ月は月に1度の割で行い、最終的に1年は通院する必要があります。またその間は風をひかないように注意が必要です。

手術費用

手術費用は片側20,000円~100,000円と、手術する場所によりずいぶん差があります。

 

 

なたまめ茶



なたまめ茶を飲んで2ヶ月位で蓄膿症(副鼻腔炎)が治った

-蓄膿症・副鼻腔炎・なたまめ茶
-, ,

執筆者:

関連記事

蓄膿症(副鼻腔炎)の原因(子供が蓄膿症になったら)

目次 蓄膿症(副鼻腔炎)の原因虫歯から蓄膿症(副鼻腔炎)へ風邪から蓄膿症(副鼻腔炎)へアレルギー性鼻炎から蓄膿症中耳炎と蓄膿症(副鼻腔炎)ストレスと蓄膿症(副鼻腔炎)遺伝と蓄膿症(副鼻腔炎) 蓄膿症( …

子供の蓄膿症(副鼻腔炎)について

子供の蓄膿症(副鼻腔炎) 昔の子供は、みんな青ぱなを垂らしていたものです。私も小学校1年生の頃はそうでした、鼻水を袖になすりつけていたころを思い出します。 今考えますと、あれは完全に副鼻腔炎です。でも …

漢方バイブル本「本草綱目」でナタ豆は「腎を益し、元を補う」

目次 なた豆茶は中国から伝わった中国古典文献に見られるなた豆の薬効 なた豆茶は中国から伝わった なた豆はマメ科の一年草としては最大級の大きさです。成長すると丈は5m以上にもなり、莢は50cm~60cm …

なた豆を使った料理

福神漬けのシャキシャキ感の正体は、なた豆だった なた豆を使った食べ物で一番身近なのが福神漬になります。カレーライスは日本人が良く食べる料理のトップ3に入る献立です。福神漬は縁起物の七福神にちなんで名づ …

これが蓄膿症(副鼻腔炎)の膿だ![グロ閲覧注意]

下の動画をご覧になる方は、ショックを受けそうなのですが、これが蓄膿症(副鼻腔炎)の膿なのです。 鼻をかんだ時に、膿の塊が付いてきますが、その膿の塊になる前はドロっとしたもので、副鼻腔という場所に溜まっ …